ローカル業者の修理作業に不備が多い理由

弊社へのサービスをお申し込みの理由に「ローカル業者への依頼をしても修理がうまくいかないから 同じところに不具合が再発する」というがあります。

その理由は何でしょうか?

ローカル業者の修理に不備が多い理由

業者自身が構造を把握していない

これは論外なのですが、便器の中のシステム、排水管の構造などを知らない作業員がいます。

修理だと単純に色々と試してみて、取り敢えず目先の問題が解決して終了とするケースです。

こういう場合、1週間後に同じ不具合が再発することもございます。

何故そうなっていたか?工事終了時に質問をしてみてください。明確な回答をしない作業員は、まずは理由がわかっていないと考えられます。

*過去にあった例:トイレのタンクからの水の流れが止まらないケース、トイレットペーパーの逆流など

時々考えられない方法で修理を行っていることもありました。

実は他にも不具合があったが見て見ぬふり

特にオーナーさんからの業者アレンジに多くあるケースですが、依頼されたことしかしない人もいます。

多いのは、既にオーナーさんから作業内容と価格提示をされている場合です。理由は明快で、修理しても費用請求ができないからです。

敢えて他の不具合を伝えることなく(他に判明した不具合の説明をせずに)作業を終えます。

説明すると、それも修理してと言われるからです。特にシンガポールでは、ついでに(ただで)やって、という人が多いそうです。

一見、素人には簡単に見える作業も、実は部品が必要だったり、修理に時間を要するものがあります。

作業中他の不具合が発生した

トイレの場合、水をためるタンクを外すとゴムが劣化していることも珍しくありません。

また、止水栓の水漏れも時々あります。

作業員によっては、伝えることなく作業を終了する人もいます。勿論のこと、修理中に壊してしまうこともあります。

 

(注)ローカル業者でもしっかりした人はいらっしゃいます。

 

弊社の対応

基本的に不具合が生じた原因と可能性をご説明します。要因が複数ある場合には、可能性としてお知らせする形です。

また、作業中にご依頼以外の不具合を見つけた場合には、その場でお知らせし、別途費用が掛かるものであれば、その旨をご提示します。*基本的に作業前に注意して確認をしますので、その可能性は低いです(0ではありません)。簡単だと弊社の方で判断した時には、費用請求なしで行うこともあります。

弊社の場合、最低請負金額120ドルを定めておりますので、その範囲でやれることであればという方針です。

なお、基本的に作業を始める前、気がついた不具合は、その段階でご報告します。