ちょっとした修繕をご自身で!③蛇口のぐらつき

お家の不具合の中でも早急に手を打つべき一つは、蛇口のぐらつきです。

そのまま何もしないと

  • 表板のダメージ
  • 固定部分からの水漏れ・・・・・・シンク下のカビの発生、木材の腐食、異臭の発生

特に賃貸物件の場合には、引き渡し時に多額の修理費用を請求されることにもなりかねません。

蛇口はどうやって固定されているの?

蛇口は天板(シンク)を挟むようにして、下からねじ止めされています(ごくまれに、アレンキーを用いて上から固定されてある蛇口もあります)。

シンガポールで設置されてある蛇口は、多くの場合には、ボックスレンチを用いてシンク下からねじ止めをして固定されています。

蛇口が動く理由は、このねじが緩んでいることによるものです。

過去に行った作業では、2つあるネジの1つが抜け落ちていたケースもありました(ネジは1つの場合も2つの場合もあります)。

ねじを締めても蛇口が固定できない

長年、緩んだままで使用していると、水が浸み込み、板自体が腐食して、柔くなってしまう場合があります。

その場合には、単にねじを締めても、蛇口が固定できません。

板を補強するなどの解決が必要ですが、最悪大がかりな工事となります。

大切なことは早期発見、ご自身でできること

大事なのは、ちょっとおかしいと思った段階で手を打つことです。

虫歯と同じで、ほおっておくと、悪くなるだけです。

賃貸物件の場合には、引き渡し時に多額の修理費用(蛇口の根元からの水漏れのため、棚を取り換える場合など)を請求される場合もあります。

まだ、少しのゆるみであれば、ご自身で固定も可能です。

まずは蛇口がどう固定されているか?確認してみましょう。

蛇口の根元が動く場合には、要注意です。特に蛇口の根元に水をかけると、シンク下に水が落ちてくる場合は、固定の必要があります。

お住いトラブル ご相談サービス(有料)

弊社のご相談も可能です。

ご自身での修理をする場合、25ドル(前金)でのビデオコールによるご相談がお勧めです。

状況を動画で確認して、行うべき作業をアドバイスいたします。

ご相談は、ビデオコールによるもの、訪問して原因を探るものなど、下記からお選びください。

お住まいトラブル ご相談サービス(有料) | シンガポール快適生活提案会社「ピテカン」 (pithecan.com.sg)