トムソン・ライン(MRT)建築から住居を考える

先日、MRT(電車)新ライン、トムソン・ラインの建築計画が発表されました。
北ウッドランドからマリーナ・サウスまで伸びる全長30km、全てのラインが完成するのは、2021年の予定です。

1)ライン上(徒歩圏内)の物件の売買価格が上昇する事が考えられます。
ライン完成時には、賃料に反映されると思われます。

2)工事による騒音が考えられます。
現在駅工事が行われれている場所をご参考していただけると、どの様な工事か想像できると思えます。
日本人が多く住む地区、Great World City周辺にも駅ができます。
ただし、工事の予定としては、ステージ3と言い、最後の段階の工事予定の為、まだ余裕はありそうです。

シンガポールはバスが充実しており、便利ですが、電車の利便性にはかないません。
お住まいは駅から徒歩圏内が便利です。
まだまだ先の話ですので賃貸をお考えの方には頭の片隅におくにしても、コンドミニアムをご購入予定の方には、参考になるのではないでしょうか?

カテゴリー: シンガポール快適生活ブログ パーマリンク