トイレの配管がむき出しのコンドミニアム(何故?)

トイレの配管がむき出しのトイレなどを時々目にします。
コンドミニアムは通常配管は壁の中を通っています。
何故、むき出しになっているのでしょうか?

理由は元々の配管の腐食により、水漏れが起こってしまったと考えられます。
修理の方法として、確実でコストのかからない方法が配管の外付けです。
上水管が通る天井裏から直接外を這わせて配管を設置しています。
そういうコンドミニアムは築10年を過ぎている物件に見る事ができる様です。

配管修理が済んでいるので、もう水漏れは起きないとみるか。
他のところも水漏れが起きる可能性があるとみるか。

ちょっと判断に迷うところですね。

カテゴリー: シンガポール快適生活ブログ パーマリンク