日本から持ってきた電気製品の電圧

シンガポールの家庭用の電気の電圧は220ボルトです。
頭では分かっていても、やってしまうのが日本から買ってきた製品をそのままコンセントに差し込んでしまう事です。
電源が100ボルト200ボルト系双方に対応しているものが大丈夫ですが、100ボルト対応品は電気回路に故障が生じます。
*入力側電源基盤(使用コンデンサーなど)の設計が異なります。
変圧器を使用しても、容量が小さいものですと、これまた故障の原因となります。
電気製品に合った変圧器を利用しましょう。

===

ちなみに弊社で販売しているウォシュレットは海外対応品(200ボルト系)です。
日本からの商品はシンガポールでは設置できませんので、ご注意ください。
変圧器を使用してとのご依頼を時々いただきますが、安全の為に弊社ではお断りさせていただいています。

カテゴリー: シンガポール快適生活ブログ パーマリンク