シンガポールの日本人の住宅購入

弊社のお客様でも、ここシンガポールにご住居をご購入されている方がいらっしゃいます。
また、たびたびその様な方から弊社の取り扱い商品の引き合いをいただく事があります。

永住権をお持ちのご夫婦などは転売マーケットにおけるHDBフラットのご購入が可能であったり、1軒目のご購入に際し外国人には余分にかかる10%のスタンプ・デューティ・フィーが通常の金額であったりと、同じくシンガポールに滞在する日本人でもそのビザにより購入条件が異なります。
ここにきて、今月発表された銀行ローンの条件の引き上げにより、ローンで住宅を購入する人達への抑制となるルール変更がなされました。
日本と比べても不動産が高いシンガポールです(それが賃貸料金にも反映されています)。
近年過熱気味の不動産価格への政府の警戒感を感じ取れます。

しかしながら、長くシンガポールに住む予定で、特に個人の所得から家賃を負担しなければならない方は(家賃を負担に思われている方など)、まずは自らが住む不動産の購入も検討に入れてもよいのかもしれません。

その場合には、それがいつか?が難しい問題でもありますが・・・・・・。

カテゴリー: シンガポール快適生活ブログ パーマリンク