ウォシュレットの電気配線工事について

ウォシュレットをつける為の電気配線工事は、基本以下の通りになります。

・配電盤から電源を取る。
・漏電防止装置であるELCB(もしくがRCCB)を設置する。
・屋根裏を通して、トイレまで電気配線をひく。

お家の種類によって、やり方が異なります。
下見を行い現場を見ますが、工事当日に実際やってみて電気配線の方法でベターな方法があれば、その方法で工事を行います。
上記の漏電防止装置は必ず取り付けます。

弊社の工事監督は、電気工事に関してのシンガポールにおける有資格者となります。
工事は数人で行います(日本人1人が立ち会い)。

カテゴリー: シンガポール快適生活ブログ パーマリンク