コンセントの差し込み口の注意点

シンガポールの家庭に届く電気は230Vで、コンセントは3本足(BF型)です。

差し込み口に向かい、上方がアース、右側がライブ(写真では左側)、左側がニュートラル(写真では右側)です。

日本でご購入のノートブックコンピューターなどは、こちらでも変圧器を利用しなくとも使えますが、2本足(A型)です。

A型では使用できるようにアダプターを、より幅が広い2本足(丸ピンB型)ですと下記の市販のプラスチックを利用している方もいらっしゃると思います。

裏を見ますと、
WARING  THIS PLUG KEY MUST BE REMOVED FROM THE 13A SWITCH SOCKET WHEN NOT IN USE(注意:使用しない時にはこちらを取り外す事)と書かれています。

通常は感電防止の為に、上方のアースの穴に差し込まないと他の穴には物が入らないようになっています。

このプラスチックを差し込むという事は、アースによる安全弁が解除されるという事です。つまり、2本足の電気製品を使用しない場合(コンセントを利用しない場合)には、安全の為にこのプラスチックを外すことが重要です。

同様にA型を利用するためにのアダプターも、「使用しない時には取り外す」を心がけてください。

特に好奇心旺盛な小さなお子様はコンセントに棒を突っ込んだりと遊ばれる事もあります。小さなお子様がいらっしゃるご家庭ではご注意ください。