タンクがない便器はフラッシュバルブか?

お問合せの中には、便器のタンクがなく、便器が壁掛けタイプなのでフラッシュバルブ(パイプ直結)の便器ではないか?というものがあります。

しかしながら、シンガポールでは住居においてフラッシュバルブの便器設置はレギュレーション上できません。
つまり、壁掛けタイプの便器も壁の中には水を溜めるタンクが収納されています。

反面、商業施設等の便器は概ねフラッシュバルブが採用されており、センサーにより水を流すシステムが広く設置されています。

共に4.5literの水が最大使用量とされている為、ふんだんに水を使用している日本の生活から移り住むと何やら物足りなく感じるかも知れません。

カテゴリー: シンガポール快適生活ブログ パーマリンク