壁からの水漏れ

シンガポールのコンドミニアムに住んで、嫌な思いをするのは、壁からの水漏れです。
弊社も時々ご相談を受けますが、壁から水が浸み出てくるというものです(当工事は弊社ではお請けしていません)。

何故この様な事が起こるのでしょうか。
それは壁の中の配管の劣化によるものです。

入居時に見分ける方法のひとつは、トイレの配管が壁に外付けになっている物件です。
元々コンドミニアムは配管は壁の中にありますが(HDBフラットは配管等は元々外付けです)、それが外付けになっているという事は、既にトラブルが起きて配管工事をやった後という証明です。
壁からの水漏れがトイレで生じた場合には、まず配管を外付けにするのが一般的な工事の方法の様です。

同じ条件下で、同じ材料が使用されている為に、その建物自体が注意の必要があるでしょう。
今までの見てきた物件からして、川の近くの10年を越した物件にその様なトラブルが多い様です。

カテゴリー: シンガポール快適生活ブログ パーマリンク