新築物件を借りる場合の注意点

ここ数年、シンガポールでは新築コンドミニアムの建築が多くありました。
新築のコンドミニアムを賃貸する人も多くいらっしゃいます。

注意する点は、初期不良です。
最初からの不良がところどころあるのが、新築コンドミニアムの特徴です。
まったくない方が珍しいのではないでしょうか?

TOP(Temporary Occupation Permit)の時点で、オーナーはユニットのキーを渡されます。
そこから貸し出せる状態へ、電気を付けたり、カーテンを入れたりとの多少の期間を入れて、1年間がデベロッパーによる(不良等の)無償保証期間です。
新築を賃貸した人はオーナーサイドから不備があったら直ぐに知らせる様に依頼された方もいると思います。
それは上記の理由によるものです。

多くの場合には、不良個所が見つかるはずです。
ご入居後には使っていないお部屋等も念入りに確認をしましょう。

カテゴリー: シンガポール快適生活ブログ パーマリンク