シンガポールでの銀行口座

シンガポールで銀行口座を作るのに考えるのは、どの銀行口座が便利かだと思います。

地場系の銀行は下記の3銀行(POSBはDBS傘下でATMも双方共有化済)

・DBS Bank(POSB)
・OCBC Bank
・UOB Bank

ATMの数では圧倒的にDBS(POSB)が数多く設置されています。
ただし、利用する人も多いので、いつも混み合っている様です。
地場系銀行3つのATMでそこだけ列ができている事も多いです。

OCBCとUOBは互いにATMの利用も可能です(数回は利用料無料?)。

政府系スーパー・マーケットのFair Price店舗には、POSB(DBS)とOCBCのATMが設置されています。
POSBは、SavingアカウントとCurrentアカウント(チェック・アカウント)を双方持つと、チェックを使った分だけSavingアカウントからトランスファーされるサービスがありますが、現在外国人はPOSBのCurrentアカウント(チェック・アカウント)を開設できない事になっている様です(ルール―は良く変わるので、要チェック)。

なお、会社の口座はPOSBでは持つ事はできませんので、注意が必要です(DBSでは可能)。

ちなみに、私はPOSBの両口座、OCBCの通帳なしの口座、UOBのクレジット・カードを持っています(クレジット・カードを持っていても、その銀行の口座を開設する必要はありません)。

他も外資系銀行の口座をあります。
皆さんはどちらの口座をおもちでしょうか。
色々と見比べてみると興味深いかもしれません。

カテゴリー: シンガポール快適生活ブログ パーマリンク