賃貸物件に入居後確認する不具合

入居後に確認する事のひとつ、前にも少し触れましたが(こちらのページ)、不備の有無です。
普段はご使用されないお部屋なども含めて、何か不具合がないかなどチェックしましょう(特に入居時に双方で確認を取っていない破損等の不具合には注意が必要です)。
契約書には入居後、○日以内はオーナー負担で修理をするとの明記があろうと思います。
この事はそれ以降はテナントサイドの責任となる可能性もあります(使用上あり得る破損であれば、それ以降の修理は負担の金額なども契約書に明記されているはずですが、あり得ない破損の場合には、もめる事もあります)。
退去時に揉めた後に、あ~あの時に、と後悔しても遅いケースもありますので、細心の注意をお勧めいたします。

また、不具合等の連絡は口頭のみでなく、必ず文章で残しておく事も後々有効かもしれません(言った言わないで押し問答になる事もよく聞きます)。

カテゴリー: シンガポール快適生活ブログ パーマリンク