キッチンシンク下の臭いに要注意

シンガポールのご自宅で問題となりやすいのは、キッチンシンク下の収納の臭いです。

臭いの原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

カビの発生

シンガポールのキッチンシンク下のトラブルで多いのがカビの発生による臭いです。

カビを綺麗にぬぐい取ることと合わせて、下記のチェックをしてみましょう。

  1. シンク周りの隙間のシリコンが劣化して剥げていないか?・・・・・・洗い物をする時に下に水が漏れることがあります。
  2. 蛇口がぐらついていないか?・・・・・・蛇口の設置箇所から下に水が漏れています。
  3. シンク下に排水溝がないか?・・・・・・常に湿気が多い状態にあります。

1はシリコンのはり直し、2は蛇口の固定(治具を使ってシンク下から行います)、3は対処なし(ただし排水溝の清掃はお勧めいたします)

排水溝の問題

比較的築年数が新しいコンドミニアムは、その傾向にあるのですが、排水溝がキッチンシンク下に設置されていることがあります。

  1. 排水溝の水がよどんでいる・・・・・・大きなバケツに水を入れて、数回その水を排水溝に流し込みますと、臭いが軽減します。
  2. 排水溝に油汚れが溜まり、固形化している・・・・・・できるだけ丹念に掬い取り、ほぼなくなった段階で、水を流し出します。

排水溝がここにある場合には、ある意味100%は臭いの発生を避けることはできません。また、ゴキブリなども出てきやすい場所となります。

食料品をこの棚に入れるのを避けて、洗剤など問題ないものの収納としてご利用してください。

食洗機の排水管

食洗機の排水管の太さが、排水の量に耐えられない細さの場合があり。・・・・・・食洗機利用後に食洗機の排水が漏れ出ていないか?確認。

対処はケースバイケースです。

洗濯機の排水管

洗濯機がキッチンにあるコンドミニアムにあるのですが、排水管同士に隙間があることがあり。・・・・・・隙間をテーピングなどで埋めて臭いが漏れ出ないように対処します。

配水管・排水管からの水漏れ

配水管(上水)の漏れは、常に水圧がかかっていますので、ぽたぽたと止まりません。

排水管(下水)の漏れは、水を使う時に発生します。

双方ともに、湿気の原因=カビの発生となります。

手遅れの場合

既にキッチンラック(木製部材)に広く深くカビが繁殖して、木材がふかふかになっている場合には、剝ぎ取る意外に対処なしとなります。

そこまで進行している場合には、下の階にも水が染み出ている可能性もあります。

まず、このような物件は賃貸を避けるべきだと考えます。

 

女性陣のシンガポール到着が数か月後と言うことで、物件探しを男性陣に任せているケースに多いキッチン周辺のトラブルですが、上記などにも注意して物件探しを行ってください。

入居後の手直しは、オーナーさん次第としか言いようがないのが現実ですので。


お住まいでお困りの場合には弊社まで!

弊社では、入居後のトラブル相談もお受けしております。

お住まいトラブル ご相談サービス(有料)